着なくなった古着、捨ててしまうのは勿体ない

簡単・便利になった古着の売り方

着なくなった古着を売るとなったら古着屋の店頭に持ち込むというのが従来の方法でしたが、インターネットでの販売ツールも増え、販売方法は多様化しています。

現在では、「店頭買取」「フリーマーケット」での販売の他に、「フリマアプリ」や「宅配買取」「インターネットオークション」で売る方法があります。
フリマアプリとは、インターネットを使い個人間でフリーマーケットのような売買をすることができるアプリです。
宅配買取とは、インターネット上で宅配キットを取り寄せ、自宅に届いた宅配キットに洋服等を入れ返送し、後日代金が振込まれる仕組みになっています。
インターネットオークションは、入札者が希望価格で入札し価格が競り上がり、最終価格が決定するシステムです。

インターネット上の売買トラブルにご注意

フリマアプリ、インターネットオークション等の利用が広がるなか、様々なトラブルが増えており、現在では消費生活センターへ年間3,000件超の相談があります。
消費者側のトラブルは、「購入したはずの商品が届かない」といった内容のものや、「新品の記載があったのに破れや汚れがあった」「送料込みで購入したのに到着したら着払いになっていた」というものがあります。
また、消費者側だけでなく販売者側もトラブルに巻き込まれることもあります。例えば「商品を発送したのに届かないと言われ代金を支払ってもらえない」「正規の商品なのに偽物と言われ代金の支払いを拒否された」などです。
フリマアプリでは、利用者がこのようなトラブルに遭っても当事者同士で解決するしかないため、利用者側での対策が必要です。


この記事をシェアする